元彼女のNさんのLINEをひさしぶりに開いてみたら01


初彼女のNさんと別れたのが2020年11月11日。


以来、ご承知の通り、彼女ができる気配すらない。


ふとした瞬間にこんなふうに思うことがある。


Nさんと過ごしたあの日々は本当に存在したのだろうか、と。


じつは、自分はまだ彼女いない歴=年齢を更新中で、そんな受け入れがたい現実に対するいわば防衛機制として、自我が、あの苦しくも素晴らしかった日々を捏造したのではないか、と。


またある瞬間にはこんなふうにも思う。「彼女がいるってどんな感じだったかな」と。


そんな瞬間にNさんのLINEを開いてみることがあるのだ。


一週間ほど前にも、そんな瞬間が訪れた。ふいに心のなかに吹き込んできた隙間風。冷蔵庫の奥で人知れず腐敗していくバターのような異物感と冷ややかさをあとに残していった。


指がひとりでにLINEのアイコンをタップし、「友だち」欄のNさんをタップしていく。そして「タイムラインの投稿」欄へ・・・。


4、5件ほどあった「プロフィール変更」や「画像変更」の履歴がきれいさっぱり消えていた。


おそらくブロックされたのである。


交際中、常々Nさんはこう言っていた。「別れたからといってLINEをブロックする男は最低」だと。「だから私もブロックはしない」と。


そういうわけで、私をブロックしたということは、彼女の身にそれなりのことがあったはずなのだ。


彼氏ができたのだ、と私は推測する。それもただの彼氏じゃない。Nさんが待望していた、結婚を約束してくれる彼氏である。


その仮説は、Nさんがだいぶ前に【Pairs】(R18)から姿を消していたこととも符合する。


Nさんは、おそらくフィアンセができて、そのため、おそらく私をブロックした。


その仮説を前にして、とくに感慨はわいてこなかった。こんなとき、どんなふうに思えばいいのだろうか。


ただ、Nさんが、私に残したある言葉が蘇ってきた。別れを決めた通話での最後の言葉である。


「最後にひとつ言っていい?」とNさんは言った。「マー君はマー君が言うほど魅力ないことないよ。すっごく素敵だよ」


そうであったらいいが、と私は思った。

元彼女のNさんのLINEをひさしぶりに開いてみたら02


ところでこんなお悩みはないですかな?

なんでpairsでこんなに頑張ってるのに彼女ができないんだろう。。。


非モテのおいらもその気持ち、痛いほどわかるぜ。。。

でもよ、ひょっとしたらそれ、ペアーズがおまいさんに合ってないからかもだぜ?

ペアーズで駄目なら、環境を変えて勝てそうな場所に行くのもひとつの手ぞ。

オタサーの姫や理系女子がモテるのは、競合の少ない勝てる環境にいるからである。それと同じことを我々非モテ男子も実行しちゃおうって寸法よ。

おいらのおすすめは次のふたつ! ペアーズよりだいぶ会員数は少ないが、どちらもペアーズにはないユニークさがある。3分で無料登録できるので、ふたつとも入れて彼女ができる確率をあげていこう。 
  • マリッシュ:30代以上・バツイチ・シンママ・シンパパに強い!

  • ユーブライド:mixiグループが運営。女性も有料なので真剣な女性が多い!


スポンサードリンク