職業訓練中のあきさん(30) その1


~あらすじ~

4ヶ月ほど前のこと。釣り堀「Omiai」で釣り糸を垂らしていたあきさん。後ろ姿の写真という餌だけで170ものいいねを釣り上げる。


それだけの釣果がありながら、なんの気まぐれか、40すぎのおっさんからのいいねを受けて立つ。


おっさんの名を「まっさ」という。


まっさは開口一番に食べ物の話題をふると、わずか4ラリー目で「仲良くなったらカレー、ご一緒しましょう」と保険をかけた誘い文句を繰り出してくる。


「はい、またぜひ〜☺︎」とあきさん、これを難なくかわす。性急だし、餌が安すぎるし、餌からはみ出した釣り針が気になるのである。


話題はYouTubeの猫動画に移るが、あきさん、急にシーマンと化し、プレイヤーからの問いかけに応答しなくなる。


4日後、まっさの人差し指がまさにリセットボタンにかかろうかというタイミングで、シーマン、口を開く。まるでなにごともなかったかのように、セーブしたところからの再開。


それから4、5ラリー後、「ところで今度お茶でもしませんか?(唐突)笑」と、またまたまっさから食事の誘い。


「お誘いうれしいです😌」とあきさん、またまた受けて立つ。「ありがとうございます✨ まさゆきさんはどの辺に住まれてますか? 私は県北の津山市なのですけど、遠いですか??」


しかしまっさからの返事は残念なものだった。



「僕は岡山市の南のほうに住んでます。けっこう遠いですね笑 車で2時間くらいですかね? 中間地点のどこかでお会いしたいですね!」


「そうなんですね! また県南に行けそうなとき連絡しますね☺︎」


ジ・エンドかと思われたが、やりとりは細々とつづく。


あきさんが通っている職業訓練校での卒業制作の話題。



まっさ「ということはむっちゃ忙しいでしょう? 無理のない範囲で頑張ってくださいね」


あきさん「ありがとうございます。がんばります😋」


あきさん「春です、、」


たわいもないメッセージは乙女からの好意の表れ説【Omiai】

なんかいい感じの雰囲気!


と思いきや、さくら舞い散る中に忘れてた記憶とあきさんのスロウな返信ペースが戻ってくる。


今度はまっさが寡黙なシーマンに。


まっさから再びLINEが届いたのは、それから実に3ヶ月半以上あとのことである。


職業訓練校の話題ののち、まっさからまたまたまたの食事の誘い。


あきさん、またまたまた受けて立つ。が、日程調整で煮え切らない態度。


そうこうしているうちに、話題は明後日の方向にそれにそれて、なぜか市原悦子。


久しぶりにLINE非モテ男からいきなりデートに誘われた乙女の反応01
久しぶりにLINE非モテ男からいきなりデートに誘われた乙女の反応02


そして↓↓↓


ブサメンから気持ち悪いLINEが届いた乙女がとった対処法


手紙の封を開けたら、お尻を出した子一等賞とばかりに、ムカデがバックで這い出てきた!みたいなおぞましいメッセージ。


以降、LINEはよい子でねんねしていて、1ミリも動いていないという。

つづき
デートの日程調整で煮え切らない乙女に既読無視した結果




ところでこんなお悩みはないですかな?

なんでこんなにマッチングアプリで頑張ってるのに彼女ができないんだー!


その気持ち、不本意にもマッチングアプリ大ベテランになっちまったおいらにも痛いほどわかるぜ。絶望的な気分になるよな。

でも、ひょっとしたらそれ、アプリがおまいさんに合ってないからかもだぜ?

そのアプリで駄目なら、環境を変えて勝てそうな場所に行くのもひとつの手ぞ。

おいらのおすすめはペアーズ。なぜなら、このおいらでも彼女ができたからだ。よもやよもやの40歳にして初彼女(30)よ!ペアーズは会員数No.1のマッチングアプリ。どのアプリがいいか迷ったら、ペアーズ選んどきゃ間違いないぜ。つぎに彼女ができるのはおまいさんの番かもだぜ?



ペアーズより会員数は少ないが、他にもこんな特色のあるマッチングアプリがありますぜ! どちらも3分以内で無料登録できる。サブとして入れておこう。
  • マリッシュ:30代以上・バツイチ・シンママ・シンパパに強い!

  • ユーブライド:mixiグループが運営。女性も有料なので真剣な女性が多い!

linefriend

LINEでブログ更新の通知を受けとる



友だち追加

ブログのLINE公式アカウント
友だちに追加してやってちょ



スポンサードリンク