たしか田中みな実だったと思うが、「残念な男」の一例としてあげてた。男さん、もうちょっと頑張れよと。


男にデート代全額払わせるだけじゃ飽き足らず、支払い方にまでいちいち注文をつける高慢さ。


まあ言わんとしてることはわからんでもない。

たとえば初デートで店員さんが注文をとりにきたときに、殿方から開口一番「クーポン、ありまぁす!」って高らかに宣言されたりなんかしたら、それまでのロマンティックな雰囲気が粉微塵になっちまうかもしれん。スマートさが致命的に欠如してるといえるかもしれない。



しかし当ブログをお引き立ていただいている賢明な貴女ならこうおっしゃるに違いない。


「いいえ、わたくしだったら、そんな些細なこと気にしたりしませんわ。むしろ男性の堅実さを心強く思います。このかたとなら、地に足のついた、まっとうな人生を歩める気がいたします。スマートさはいっときの華美、堅実さはいっしょうの価値です」


本質をとらえる鋭いご見識! さすがはおいらの読者様。脱帽であります。


もちろん貴女なら、関係が深まっていよいよ初ラ◯ホってときに、おいらがこのカードを財布からとりだして自動精算機に差し込んでるのを目の当たりにしたら、「この人とならだいじょうぶ!」って小さくガッツポーズするにちがいないのだ。

「食事デートでクーポンとか使う男、マジありえないんだけどwww」




スポンサードリンク