Kumi:  Hi, Ken. How are you?
(やほー、ケン。元気ぃ?)

Ken:  Fine, thank you. And you?
(元気だぜ。クミはどう?)

Kumi:  Not bad.
(まあまあってとこね)



中1の英語の教科書つったら、だいたいこんな感じの会話で幕を開けますよな。ニューホライズンだろうが、サンシャインだろうが、ニュークラウンだろうが、大差ないはずよ。


元気かって聞かれたら、元気かって聞き返すのがセオリー中のセオリー。


聞き返してシカトされるパターンってのはまずないわな。それで単元が終わっちまうものね。


でも、ことマッチングアプリでは、そこで単元が終わっちまうことがありうるから困る。


表紙があって、中身は1ページのみ(しかも印刷は表の途中で尻切れトンボ)、裏表紙はなし、みたいな。それで4,000円だもんな。開隆堂出版もびっくりぞ。



さっきペアーズ開いてみたらば、二日前にマッチングした33歳の乙女にブロックされてましたぜ。


おとといの晩にファーストメッセージで美味しいものに目がないって自己紹介したらば、翌日の昼に絵文字でごてごてした長文の返事が来て、文末には「特に好きな食べ物はなんですか?」っつー質問。


「肉やカレーライスが好きです。クミさんはどうですか?」ってその晩に返したところ、この仕打ちぞ。


そんな彼女に贈る歌。



You were my sunshine, my only sunshine

Why did you block me (on Pairs), when skies were gray?

You'll never know dear, how much I hate you

Please don't take my sunshine away





linefriend

LINEでブログ更新の通知を受けとる



友だち追加

ブログのLINE公式アカウント
友だちに追加してやってちょ



スポンサードリンク