坂本龍馬は現代からタイムスリップしてきた男から、未来で起こることを教わっていた!

そんな驚くべき学説がにわかに注目を集めている。



事の発端は、亀山社中記念館改装中に庭から出土した一枚の写真である。


そこには坂本龍馬と親しげに「肘タッチ」する一人の男性が写っていた。四十がらみのなかなかのブサメンであるが、驚くべきはその服装である。なんとTシャツを着ており、そこには「2020 TOKYO」の文字がプリントされていたのである!


写真の裏には坂本の筆跡でこう記されている。


未来人 才谷マサユキという大先生に門人となり、ことの外かわいがられ候。すこしエヘンにかおしてひそかにおり申候


(未来人「才谷まさゆき」という大先生の門人となり、ことのほか可愛がられております。少しばかり「エヘンどうだ」という顔を、内緒でしております。)


また、亀山社中がグラバー商会からミニエー銃4,300挺、ゲベール銃3,000挺の薩摩藩名義での長州藩への買いつけ斡旋に成功した慶応元年8月までの数カ月間、「岡山藩郷士 才谷マサユキ」なる人物がグラバー邸を頻繁に出入りしていたことが、当時の来客名簿により判明している。


さらには、近年までフィクションとして歴史学者たちから一笑に付されていた「船中八策」の原本が今年1月、京都で発見されたが、そこでも「才谷まさゆき」の名が登場する。


原本には、坂本が、世によく知られている八策のあとに、第九義(第9条)を構想していた痕跡が残されている。


一、美男ノ性権ヲ醜男ニ奉還セシメ、性令宜シク才谷マサユキヨリ出ヅベキ事。


取り消し線を入れていることから、あまりにも馬鹿馬鹿しいと思い直したものと考えられる。


また、半紙の余白に次のメモ書きがあるが、解明にはしばらく時間を要しそうだ。


ヨシコ 文途絶えたり いつものパタアン(模様)のやうだ



linefriend

LINEでブログ更新の通知を受けとる



友だち追加

ブログのLINE公式アカウント
友だちに追加してやってちょ



スポンサードリンク