美白さんからメッセージがきたのは15:24だった。勤務時間中にきたのははじめてだ。


「今日は朝から目眩でふらふらしてやばかったから、早退した😢 
実家まで職場の人に送ってもらった💧 ちょっと寝て良くなったから、もう少ししたら病院行ってみるよー」


めずらしく昼休みにメッセージがこなかった理由はこれだったのか。


「だいじょうぶ? うん、病院で見てもらったほうがいいよ。気をつけて行ってきてね」


そう送ったあとで、ある疑念があたまをもたげる。


仮病じゃね? と。


いままでなんどこの手でやられてきたことか。


なんかやらかしたかしらと、ゆうべのやりとりをチェックしてみる。


「仕事でむっちゃ疲れてるのにさらに料理を作る、想像しただけでヘビーだなあ笑 定時帰り、よかったですね! スーパーでじっくり調味料とか選べましたか?笑」


「不慣れだと容量が悪いです(笑) 外食も1人だと行けないから、最悪UberEATSのお世話になるかなぁ😁 スーパーでじっくり調味料やらお肉を買いました😃 まっささんはあまり残業ないんですか??」


「要領わるくても、作ってるってことがすごい! カフェは1人で行けるけど、がっつり料理が出るとこは行けない感じですか? 残業はほぼないですね。
残業嫌いなんでありがたいです笑 さとみさんも残業嫌いですか?って聞くのは野暮な質問でしたかね笑」


「要領漢字間違えた😭 はずい(笑) カフェくらいは行けるけど、ご飯は無理なんですよー😢 帰り道焼肉やラーメン屋さん多いけど1人は無理ですね💦 残業ないとかいい会社ですね🥺 私も残業嫌いだけど、残業代も多少ないとやってけないのもあります☠️」


「一瞬、スマホの話かとおもったのはナイショ笑 へー、ぼくと逆ですね。ご飯屋はひとりでも平気だけれど、オシャレなカフェはちょっと二の足をふむというか。これはお付き合いをしてお互いのウイークポイントを補いあうしかない!笑 残業代も大切な収入源ってことですね。でも頑張りすぎてドクロにならないように笑 給料が入ったらじぶんへのご褒美になにか買ったりしますか?」


「あ、自爆しましたかね(笑) そうなんですね! 女1人でご飯はやっぱ寂し過ぎてむり(笑) 補い合い希望です🙋‍♀️w 残業は頑張る気さらさらないです(笑) 給料は想定外の家賃に消えてます😭」


「なるほど、寂しいから行けないんですね。僕はオシャレの同調圧力を勝手に感じてむりなんです笑 ぜひ補いあいましょ!笑 え!? そんなにいいとこに住んでるんですか?」


「男性はそういう感じになっちゃうんかな🤔?? いやいや、給料の割に家賃と光熱費のダブルパンチなだけです😵 実家だったら、多少贅沢出来たんですけどねー(´・ω・`) でも時短になるのでマツエクは削れませんね👍w 1人暮らししなかったら1人旅するつもりでした(笑)」


「オシャレアレルギーのない男性ならだいじょうぶじゃないかな?笑 家賃、光熱費はたしかに給料をごっそり持っていきますよね。それでも身なりにきちんとお金を使ってるあたり感心します。1人旅はさびしくないんだ笑 そういえば、やりとりはじめてそろそろ一週間。そこで提案ですが、敬語抜きでもっと気楽にお話しませんか?」


「若い時アパレルしてたんでオシャレ男子に仕立て上げます(笑) 最低限の身なりは大切ですよー(´・_・`) そこは上司に褒められます😃 1人旅だったら沖縄限定ですけどね😊w お!タメ語でいきますか🙆‍♀️」


「うん、タメ語でいこう! 呼び方さとみちゃんでもいい? アパレルやってたのね! ならさとみ先生にオシャレ指導をお願いしようかな笑 写真見せてもらったとき、もちろん可愛いっていうのもあるけど、全体から品の良さを感じたよ。おれが上司でもぜったい褒める自信あるわ笑 なんで沖縄限定?笑」


「全然OKー🙆‍♀️ まっささんは本名なんて言うの?? コーディネートするの好きよ😁 ありがとう🙏✨ 暖かいとこ好き+海好き=沖縄好きなんよー(^-^)」


「さとみちゃん、おれ一番最初のメッセージでおもいっきり本名書いてるけど笑 「まさゆき」な。好きに呼んでくれていいよー。よし、モデルになるわ!笑 暖かいとこいいよね! 沖縄もいつか行ってみたいな。ダイビングとかしたことあるの?」


「ほんとだ😵 ごめんね😢 まーくんだね🎵w ダイビングは耳抜き出来ないからした事ない(笑) オリオンビール工場行って美ら海水族館行きたいコース«٩(*´ω`*)۶»🍺」


「ドンマイ!笑 耳抜きって作業があることいま知ったおれっていったい・・・笑 おっ! よさげなコースだな! 水族館にビール持ち込みできたらなおよし!笑」


「耳抜き地味に難しいらしいよ!! んー、水族館にはビール持ち込み無理そう(笑) 浜辺で乾杯しよ☆°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝」


「寝落ちしたー! まあ無理だろうな笑 浜辺いいね!👍 青い海見ながらのビール、最高! 冬の沖縄ってやっぱ寒いんかな?」


うーん、おいらの気持ち悪い発言はずいしょに見られるけども、いつもこんなもんでとくべつひどいものは見当たらない。


タメ語への切りかえ提案も反応悪くないしな。


やっぱ単純にデート日が近づいてきて嫌になったとか、もっといい殿方とマッチングしたとかかしら。


仮病かどうか高精度で判別できる方法はある。


やりかたはむっちゃかんたん。こちらからデートキャンセルを提案すればいいのだ。


デートまであと3日ある。内容にもよるが体調不良がなおる可能性があるなか、キャンセル提案にのっかってくるってことは、デートに乗り気でない、つまりは仮病の可能性が高いってことになるのだ。


そんなことないよと思ったそこのあなた。なら、たとえば職場の部下から、「きょう体調悪いので明々後日、会社やすみまーす」って言われたらどうするよ?


とまあ、ここまでさんざん疑うようなこと書いてきたけれど、メッセージが昼休憩ではなく15:24に来たことや、これまでやりとりしてきた感触など、総合的に判断するとたぶんウソはいってないんじゃないかしら。



それでも疑念が生じたのは、おいらがマッチングアプリでさんざん痛い目にあってきたからなんでしょうな。ほんと男泣かせ、というか非モテ泣かせの場所だよな。


---

と、ここまで書いてメッセージが来た。


「ちょっと三半規管が弱ってるみたいで、色々検査したよー(´・_・`) 土曜日に結果聞きに行ってそれから今後の治療考えようって💦」


おいら氏、ちょっと迷って、伝家の宝刀をぬく。


「大変だったね。さとみちゃんの身体がいちばんだから、だいじをとって、日曜日のカフェキャンセルする?」


さて、どうなるでしょう。

【つづき】美白さとみさん その5 体調不良の真偽






スポンサードリンク