人の心というものは八幡の藪知らず

どこでどう繋がっているか、奥へ入れば入っただけ見当がつかぬ

まったくわけのわからねえシロモンじゃねえか、なあ、お前さん



  長谷川平蔵







フジテレビ系で放送されてた『鬼平犯科帳』のエンディングテーマ、ジプシーキングスの『インスピレイション』。


Nさんとの最後の対面を終えて、とぼとぼ帰っているときに脳内再生されてた曲ぞ。


なんで火付盗賊改方?ってなると思うが、この曲が鳴ってたのはたぶん、このエンディングの江戸の風景と、Nさんが暮らしてる倉敷にある美観地区のイメージが重なったからだろう。


Nさんのことは抜きにしても、このエンディング、じつにすばらしいと思わないか?


たった2分弱の映像で、江戸の四季とそこで暮らすふつーの人々の営みがみごとに表現されてますよな。『インスピレイション』は洋楽なのに、江戸の風景とここまでマッチしてるのもすごい。選曲した原作者の池波正太郎のセンスよ。


シンガーソングライターの山崎まさよしは、この曲を聴くたびに蕎麦が食いたくなるらしいが、ほら、おまいさんも食いたくなってやしないか?


それにしても冒頭の中村吉右衛門、色気と哀感が半端ないでありんす。こんな大人の男に、おいらはなりたい。そして去り際もこんな感じでありたい。。。

\おいらでも彼女ができたアプリ!/

linefriend

LINEでブログ更新の通知を受けとる



 友だち追加

ブログのLINE公式アカウント
友だちに追加してやってちょ



スポンサードリンク