ペアーズ二日目。

アラサーの乙女からいいね!がくる。


名前は一文字記号で、本人写真もなく、プロフィールもスッカスカ。


乙女にやる気があるのかどうか確かめるため、とりあえずマッチングだけして相手からメッセージが来るのを待つことにする。こちらから動くこたあない。


マッチングからものの10分でメッセージがくる。


むろん無課金だからモザイクがかかっていて内容までは読めない。しかし、このスピード感は評価してもいいのではないだろうか。


「初マッチングから1時間以内に複数月プランで有料会員登録すると安いでっせ!」

ってペアーズが課金を急かしてきている。

「3ヶ月プランがなんと約6,000円! ちなみに1ヶ月プランは約4,000円な。どっちにするかはもう決まってるようなもんだよな?」


その通りだった。おいらは秒速で3ヶ月プランに入ってメッセージを開封してみた。

「ありがとうございます。◯◯と申します。よかったら仲良くしてください!」


ほう。悪くないな。ぜんぜん悪くない。

とりあえず飯の話題をふって、その流れでランチに誘ったるか。だらだらメッセージを続けてもろくなことにならんことを、おいらは膨大な時間と身銭を切って学んだのだ。デートは早く誘うに限る。


「〇〇さん、はじめまして。まさゆきといいます。よろしくお願いします。いいねありがとうございます! 僕は食べることと(ときどき)飲むことが好きなんですが、◯◯さんは何がお好きですか?」


「まさゆきさん、よろしくお願いします。プロフィール全然埋めていないので、気になることあれば遠慮なく聞いてください! 私も食べることも飲むことも好きです!(以下略)」


数ラリーほどラーメン談義に花を咲かせたあと、おいらは住まいに関するキラークエスチョンを放つ。


「◯◯さんは普段どこらへんで外食されてるんですか?」


「外食は岡山市内ばかりですよ。まさゆきさんはお住まいはどちらですか? 差し支えなければ」


差し支えなんてありまてんことよ。ほほほ。


ここでおいら、◯◯さんのプロフをのぞきに行く。今思えば野生の勘が働いたというべきか・・・。


いつのまにか、プロフ欄が綺麗に埋まっていた。おいらの目はある箇所へと吸い寄せられた。


結婚歴 独身(離婚)
子供の有無 同居中



差し支え、おおいにありますた。。。

\おいらでも彼女ができたアプリ!/

linefriend

LINEでブログ更新の通知を受けとる



 友だち追加

ブログのLINE公式アカウント
友だちに追加してやってちょ



スポンサードリンク