2020年11月11日(水)

晩の10時くらいに彼女からLINE電話がかかってきた。

「あ、出た」

「出ましたよ」

「また寝てたの?」

「7時くらいからね」

「やっぱり仕事の疲れとかストレスとかたまってるんだね」

「かもね。えぬぬは何してたの?」

「もうご飯食べてお風呂も入って布団のなかだよ。寝るスタンバイおっけー」

「仕事はどうでしたか?」

「あっ聞いて聞いて! 例の先輩が今朝、置物くれたよ。それも二つも! 猫とキリンのやつ」

「あー、きのう女の子たちに置物プレゼントしてた先輩か。えぬぬだけもらえなかったから抗議したんだっけ?」

「そうそう、その先輩。それでねそれでね・・・」



いつもの彼女の職場の話題が、いつものように面白おかしく語られ、いつものようにおいらはうんうんと耳を傾けた。


気がつけば日付が変わりそうになっていた。


話題はお互いの恋愛観に移っていた。もういくどとなく繰り返されてきた話題だ。


「マー君とわたしの恋愛観ってやっぱりぜんぜん違うね。マー君は対等な関係をのぞみ、わたしは絶対的に守ってほしいとのぞんでいる。どうしたらいいだろう?」


気づいたらおいらの口は次の言葉を発していた。

「うーん、ペアーズでも再開する? お互い、もっと合った相手が見つかるかもよ」


それを聞いて彼女がブチ切れるんじゃないかとおいらは身構えた。しかし彼女のリアクションは意外なものだった。


「そうか、そうかもね。いい相手が見つかるかもしれないよね」


「・・・うん。おれはもうあれだけど、えぬぬはまだ30だからね。まだまだ可能性はあるよ」


「マー君だってまだ大丈夫だよ。きっと素敵な人見つかるよ」


「・・・」


「今日、別れることになるなんて想像してた?」


「いや、してなかった」


「だよね笑 最後にひとつ言っていい?」


「うん」


「マー君はマー君が言うほど魅力ないことないよ。すっごく素敵だよ」


「ありがとう」


「こちらこそありがとう。また電話してもいい? たぶんかけると思う笑」


「いいよ。せっかく出会えたんだもの。連絡はつづけよう」


「うん。明日早いんでしょ?」


「うん、早い」


「じゃあ今日はこのへんで。おやすみ」


「おやすみ」


彼女(Nさん)と別れますた


\おいらでも彼女ができたアプリ!/


スポンサードリンク