「ねえねえマー君、こんど剣山行きたい!」

「剣山ってどこよ?」

「徳島だよ~」

「へ、へえ。遠いね」

「え? 行きたくないの? ほらこんなに綺麗なとこだよ?」

「確かに綺麗ではある」

「でしょ! じゃあマー君、運転よろしくね!」

「・・・」


はああああ。また始まりますたよ、彼女の突拍子もない提案。


つい先日、超マイナー映画を観るために福山に行こうと言い出したかと思ったらこれですよ。

(けっきょく彼女のきまぐれでキャンセルになったけども)


拒否すればおそろしく機嫌を損ねることは目に見えてるから、しぶしぶ承諾。ささやかな抵抗として、旅行代は彼女が負担するっつー条件をなんとかのませたのだった。


それから数日後、彼女んちでいっしょにテレビでYouTubeを観てたら、
「モテ期プロデューサー荒野」っつー人の動画が流れ出した。



題して「女子のウザい発言TOP3」。


その中で、「デートスポットで『松』ばかり提案する女子は男子にウザがられる」っつーのがあった。


デートスポットを「松竹梅」で格付けするとする。


例えば、お金も時間もかからないカフェは「梅」。


時間はかかるけどお金はそんなにかからない水族館は「竹」。


お金も時間もかかるディズニーランドは「松」。


荒野氏のおすすめは、松・竹・梅セットで提案し、その中から選ばせるという方法である。


なんどか選ばせていくうちに、その男子の価値観が見えてくる。


「梅」を選びがちなら「梅」を、「松」を選びがちなら「松」を提案することで、その男子の価値観に寄り添った女子になれる。さすれば男子はもっとあなたを大切にしてくれるであろう。


「私、松ばかり言いがちかも・・・剣山やっぱりやめる。竹にするよ」


それでも「梅」を選ばないとこが実に彼女らしいが、まぁよしとしよう。


結論:ワガママな彼女には「
モテ期プロデューサー荒野」氏の動画を見せよう!




おまけ

で、次に流れたのは、同じく「モテ期プロデューサー荒野」氏の「好きな男子に告白させる方法 ~プロポーズさせる方法を添えて~」っつー動画ですた。



永遠みたいに長い12分間ですた。。。


結論:プロポーズ待ちの彼女には
モテ期プロデューサー荒野」氏の動画を見せるべからず

\おいらでも彼女ができたアプリ!/

\ みんなにシェアしよう /



\ LINEで読者・友だちになろう /

linefriend

 友だち追加


スポンサードリンク