総社デートで彼女が語ったおいらの魅力01
備中国分寺五重塔

日曜日の昨日、彼女のリクエストで総社市デートしてきますた。


広大すぎる田園地帯「吉備路」。倉敷から車でたった30分のとこにこんな風景が広がってるなんて驚きでしたな。


散策コースも整備されてるんだが、あえて畦道を選んで歩いた。稲穂を揺らす風はひややかで、もしおいらが暑がりでなかったら、半袖を着てきたことを後悔していたかもしれない。彼女の手もちょっと冷たい。


散策の後は国民宿舎「サンロード吉備路」の温泉へ。

総社デートで彼女が語ったおいらの魅力02
総社デートで彼女が語ったおいらの魅力03
【サンロード吉備路】


~券売機の前~

「あ、マー君、わたしのも買ってくれるんだ。ありがとう」

「いいってことよ」

「あ、タオル持ってくるの忘れた」

「200円か。買ったるよ」

「ありがとう。わたし髪洗わないからそんなに長く入らないと思う。マー君は?」

「がっつり頭洗うぜ!」

「ならここで待ってるね」



→待ったのはおいらですた。しかも30分も。彼女、思いっきり髪を洗ってますた。女心と秋野暢子ってやつですな。


風呂のあとは「珈琲と人」っつー有名なカフェで晩飯。古民家をリノベーションしたオサレなカフェよ。

総社デートで彼女が語ったおいらの魅力04
総社デートで彼女が語ったおいらの魅力05

入った瞬間、カレーのいい匂いが。

これはカレー頼まなきゃあかんよねってメニューみたらなんと「1,900円(税抜)」!

「わたしカレーにするぅ」

「そ、そうだね。おれもそうしよう」

「あ、デザートのケーキも食べたい」

「お、おう」

「あとせっかく『
珈琲と人』に来たんだからコーヒーも!」

「・・・」


で、出て来たカレーがこれ。少なッッ!!!

総社デートで彼女が語ったおいらの魅力06

「でも不思議よね」

「なにが?」

「マー君にいままで彼女ができなかったってことが」

「そうかい?」

「だってこんなに素敵なんだもの。やさしくて、男らしくて・・・」

「男らしい? どこが?」

「店員さん呼ぶとき声大きいとことか」

「・・・」



食事代は6,000円超えてますた。。。

\おいらでも彼女ができたアプリ!/

\ みんなにシェアしよう /


\ LINEで読者・友だちになろう /

linefriend

 友だち追加


スポンサードリンク