本日、YouTubeにおすすめされた動画。

キンモクセイ「二人のアカボシ」。2002年、18年前の曲だ。


当時大学三回生だったおいらは、偶然ラジオから流れてきたこの曲を耳にして、いたく心を動かされたのだ。

懐かしい感じの曲調で、おそらく80年代の懐メロだろうと思ってググったらば、今度出る新譜だと知ってひっくり返りそうになった。


すごく映像的な歌詞で、意識せずとも情景がありありと浮かんでくる。


夜明け前の高速道路をドライブする一組の男女。

刻一刻と空けようとしている静かで綺麗な夜。


海の埋立地と化学工場の煙突が星を吸い込み、街の灯りも輝きを失っていく。

やがて月もアカボシも消えて、汚れた街の姿がむき出しになり騒がしくなるだろう。

男は思う。そうなってしまう前に、女を連れてあの高速道路の橋を駆け抜けて、ここからはるか遠くまで逃げ去ってしまおうか。

あるいは、あてのない明日を探してみるか。

女の髪の毛が震えている。

それとも、「最後の想い」を女に伝えようか。

朝が近づく。


こうして物語は閉じることなく歌は終わってしまうわけだが、まぁ結末は推して知るべし。


当時22歳だったおいらは、切ない気持ちになりつつ、切ない気持ちになったことを恥じたものだった。
彼女いない歴=年齢を絶賛更新中だったからだ。


で、今日YouTubeにおすすめされ、感極まってつい彼女におすすめしてしまったのだ。


「キンモクセイってバンドの『二人のアカボシ』って知ってる? 18年前の曲だけども。バンドはいちど解散したけど、最近再結成したのを今日知った。情景がありありと目に浮かぶいい曲だから聴いてみて」


「ノスタルジックで懐かしい感じの曲だった。なんの情景?」


「。。。」

\おいらでも彼女ができたアプリ!/

\ みんなにシェアしよう /



\ LINEで読者・友だちになろう /

linefriend

 友だち追加


スポンサードリンク