まっさ(40)、乙女(30)とのカフェデートが決まる【ペアーズ】から読む


結局1kgくらいしかダイエットできず、当日を迎えちゃいますた。


しかも、デートが決まってからというもの、お相手からのメッセージがそっけなくなり、頻度もだんだん下がり、こりゃドタキャンもあるで!って状況。


確認メッセージを送ったけども、返事が来ないまま家を出発。

もうほとんど店に到着する頃になって返事が来てたらしいことを、店の駐車場で知る。

例のペアーズ乙女(30)とデートしてきますた01

店はREGODっつーところ。おいらが三店舗候補を提示して、乙女が選んだところである。

例のペアーズ乙女(30)とデートしてきますた02

返事は遅かったけども、乙女自体は早く来た。真っ赤なカローラである。


アプリでは普通体型とあったが、細身で、なかなか可愛らしいお顔に緊張の色が浮かんでた。


挨拶もそこそこに入店。おいらはチキン南蛮定食、乙女はオムライスをオーダー。

例のペアーズ乙女(30)とデートしてきますた03

食事が進むと緊張がほぐれて饒舌になる乙女。

攻守交代ってな感じで、おいらは聞き役に徹する。

今まで何人くらいと会ったか、どんな人と会ったか、その時のエピソード、仕事のこと。


「まさゆきさん、プロフィールにマシンガントークって書いてたから心配してたんですけど、ちゃんと会話のキャッチボールができるんですね!」

とは乙女の談。


食事が終わり、まだ時間はあるか訊いてみると、笑顔で「ある」と。

乙女のカローラのあとについて美観地区へ。

例のペアーズ乙女(30)とデートしてきますた04

例のペアーズ乙女(30)とデートしてきますた05

雑貨屋なんかを見て歩いてたらば、雨脚が強くなって雨宿り。

入ってすぐのところでマスカットワインを売ってたので二人とも購入。

クレジットカードが使えない店だが、乙女、現金が小銭しかないと言う。

「違うんですよ! わざととかじゃないんですよ!」

おいらが二人分を支払う。

「近くにファミマかセブンあればお金下ろせるんですが」

「べつにええよ」


ベンチに移動して、雨が降りしきる中庭を見ながら色々話す。

アニメ、小説(石田衣良が好きらしい)、恋愛遍歴。


「まさゆきさんはどのくらいステディがいないんですか?」

「お、思い出せないくらいかな笑」

「ひょっとして年齢ですか!笑」

こやつ、遠慮というもんを知らんらしい。

「私、デートした人から『今日疲れた』って言われたことあります」

(なんとなくわかるわ、ハハッ!)


途中、すっかりリラックスしたのか、ニューバランスのスニーカーを脱いで、ベンチの上で体操座りをする。

通りすがりのカップルたちがちらっと乙女に目をやるが、当の本人はまったく気にしていない様子。


シャンプーかなにかのいい香りがする。


雨がやんで、立ち上がる。

「今日は、充実した休日が過ごせてよかったです。また一緒にお食事に行って下さい」

「もちろん」

「今度、ワインの分、おごりますよ」

って感じのデートですた。最後にLINE交換。

まあまあよくやったほうではなかろうか、おいらにしては。

例のペアーズ乙女(30)とデートしてきますた06


次>>>初デート翌日の悲観主義者の心模様

現在マッチング中のお相手

・38歳 顔なし 154cm 普通体型
38歳 顔見せ拒否子 160cm 普通体型
30歳 顔なし 166cm 普通体型


\ おいらでもデートできたアプリ! /

スポンサードリンク


\ みんなにシェアしよう /



\ LINEで読者・友だちになろう /

linefriend

 友だち追加

スポンサードリンク