40歳の大人だけど健康診断で身長が伸びたぜ!秘密は椎間板にあり


172.9→174.0(+1.1cm)


これは朝イチで測ったからなんですな。


大人になっても身長が伸びることがあるのは、背骨の椎間板が関係している。


椎間板とは、椎骨と椎骨の間にあるクッションのようなもので、背骨にかかる重さを支えている。外側は硬い殻みたいな組織でおおわれているが、その内部にはゲル状の成分がつまっている。ゲルの中心部を「髄核」という。


この髄核は、スポンジみたいに吸水性があり、圧力がかかると水分を放出して縮み、圧力が抜けるとふたたび水分を吸収して膨らむのだ。


就寝中は体を横にしてるから圧力から開放された髄核は水分を吸収して膨らむ→身長が伸びる。


逆に、体を起こすと上からの圧力で髄核から水分がじわじわと抜けて縮み、身長もじわじわと縮む。


だから起床していの一番に身長を測ればノッポさんになれるワケなんですな。


ガッテンしていただけましたかな?

スポンサードリンク


\ みんなにシェアしよう /


\ LINEで読者登録&友だち追加 /


友だち追加


スポンサードリンク