プロテインシェイカー溶けやすさ対決!ザバスVSマイプロテイン01


やあ、おいらですぞ。

初めて使ったプロテインシェイカーは写真左の「マイプロテインのやつ(海外製)」なんだけども、これがけっこう使いにくいのよ。

プロテインの粉末が溶け残ってダマになるし(非常に飲みにくい)、飲み口がついてる構造なので非常に洗いにくいのだ。

なにかいいのないかと探してたらば、国産の「ザバス(SAVAS)」がいいとの口コミを発見。さっそく取り寄せてみたので、今回はマイプロテインのシェイカーと比較してみたぜ!


スポンサードリンク

プロテインシェイカーを比較する上での前提条件

プロテインシェイカー溶けやすさ対決!ザバスVSマイプロテイン02

  • パウダーはマイプロテインのホエイプロテイン、ストロベリークリーム味(溶けにくいことで有名)
  • パウダーの量は25g(マイプロテインのスプーン一杯)
  • 水400ml
  • シェイク時間30秒
  • 入れる氷の数4個
  • マイプロテインのシェイカーは付属のブレンダーボールを使用(バネみたいなやつ)

ザバス VS マイプロテイン シェイカー比較実演! やはりマイプロは溶けにくい

プロテインシェイカー溶けやすさ対決!ザバスVSマイプロテイン03

まずは、ホエイプロテインのストロベリークリームフレーバー25gと氷4個を投入。

プロテインシェイカー溶けやすさ対決!ザバスVSマイプロテイン04

つづいて、水400ml入れるとこんな感じ。

プロテインシェイカー溶けやすさ対決!ザバスVSマイプロテイン05

30秒間シェイクしますた。けっこう泡立ってますな。マイプロテインの方は飲み口とキャップを手で押さえながら触らないと盛大に飛び散りまする。ザバスは押さえずに力いっぱいシェイクしても漏れず。持ち運びもザバスのほうが良さそうですな。それにくびれがあるからホールドしやすく、手からすっぽ抜ける心配も少ない。

キャップを開ける際、どちらも多少の液漏れあり。


プロテインシェイカー溶けやすさ対決!ザバスVSマイプロテイン06

ごくごく飲んでみますた。

マイプロテインのシェイカーはやはり溶けにくい。大きなダマがあって飲みにくいぜ! 対し、ザバスのシェイカーはほとんどダマがなくすーっと飲めますた。空いた容器もマイプロテインのほうが汚れていますな。

ボトルの内側の洗いやすさはどちらも変わらない印象。洗い方はスポンジ洗いなんだが、どちらも手を入れやすいので楽ちん。


プロテインシェイカー溶けやすさ対決!ザバスVSマイプロテイン07

蓋の汚れ具合はこんな感じ。マイプロテインのほうがやはり汚い。それに内部構造が複雑なので、細かいところが洗いにくい感じ。面倒。対して、ザバスのほうはあっという間に洗えてしまう。

プロテインシェイカー溶けやすさ対決!ザバスVSマイプロテイン08

マイプロテインシェイカー付属のブレンダーボールの様子。これもなにげに洗うのがめんどくさいのだ。


ザバス VS マイプロテイン シェイカー対決総評 ザバスがおすすめ!

【ザバス】
溶けやすさ★★★★
密閉度★★★★
洗いやすさ★★★★

【マイプロテイン】
溶けやすさ★★
密閉度★
洗いやすさ★★


検証の結果、ザバスに軍配が上がりますた。どちらを買おうか迷っている人はザバスがおすすめ! ザバスのは十分安いけどもそれももったいないという人はDAISO(ダイソー)へGO!

今回紹介した「明治 ザバス プロテインシェイカー (500ml)」はこちら↓



ホエイプロテインがむちゃくちゃ安く買えちゃうマイプロテインの公式サイトはこちら。下のリンクから登録すると500円の割引が受けられるぜ!
MYPROTEIN公式サイト


スポンサードリンク


スポンサードリンク