FAIRCHILD『コールバック』


まずは上の動画を観たまえ。四の五の言わず観たまえ。

……観た?

恋に落ちたでそ? ボーカルの可憐な乙女に?

お人形さんみたいなお顔に、ささやくような可愛らしいハスキーボイス。デルモのようにすらっと伸びた手脚。

実は何を隠そう、この乙女、あのバラエティ・タレントのYOUなのだ。

え? YOUって誰だって? 知らんの? 世話が焼けるやつよのお。

この人よこの人!



同一人物なのよ、これ。たまげたでそ?

そりゃあもちろん、25歳と54歳じゃあ違う人間に見えても仕方ない。ずっと同じ顔してたら怖いわな。

でもその変化は年齢だけでは説明しきれないほど大きいのである。柴咲コウが不慮の事故でYOUに転生してしまったというか。それくらい別人なのである。25歳のころのYOUが天使なら、現在のYOUは……YOUなのである。どうしようもなくYOUなのである。

なぜこうも別人なのか。

YOUの芸能活動の歴史を紐解くと、その答えが見えてくる。

18歳のときにモデルを始め、その後「江原由希子(本名)」名義でアイドル歌手としてデビュー。それと並行してドラマや舞台なんかもやっていた。で、このバンドぞ。

ようするに方向性がまったく定まっていなかったんですな。

ダウンタウンと出会うまでは。

バンド結成から二年後、ダウンタウンの出演するラジオ番組のアシスタントになり、翌年、『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演。

「FAIRCHILDのボーカルとしてのイメージが崩れるやんか!」という事務所の制止を振り切っての出演だった。

これによって視界をおおっていた靄が晴れ、進むべき道がはっきりと見えたわけなんですな。バラエティタレントとしての道が。

そう、今のYOUには「迷い」というものが微塵もないのである。揺るぎなく、YOUなのである。どうしようもなく、YOUなのである。

と、まあ長々と語ってきたわけだが、おいらが恋心を抱いちゃうのは、ゆらゆら揺れ動く25歳のYOUなんだよな。ハハッ!

だれかタイムマシン作ってくんないかしら。。。


スポンサードリンク

スポンサードリンク