7e35788ac8799f9ed1d2c15ba55669ef_s



ペット関連市場が1兆5000億円の日本。


「2ちゃんねる」の開設者ひろゆきがYouTubeで、犬猫の殺処分について持論を展開していた。

ひろゆきは、保健所の犬猫を引き取るだけでは対処療法にしかならず、犬猫を捨てる人を処罰したり制限したりする法律がないと(たとえば死刑にするとかしないと)殺処分の根本的な解決にはならないと言う。

それから、ペットショップで犬猫を売るという非人道的なシステム(大きくなって売れなくなった犬猫を、エサ代惜しさに、捨てたり保健所に送ったりする)は違法になればいいとつづける。

ペットショップでペットを買うということは、そういうシステムの維持に加担しているということであり、

「ペットショップで犬猫買う奴は、基本的にはみんな人間のクズだと思ってる」


と言い放っていた。

表現はいちいち過激ではあるが、言ってることは確かに筋は通っていると感じた。

ということで、今回はペット業界の闇について深掘りしてみるぜ。

スポンサードリンク

流通システム


犬猫の主な流通経路は次のとおり。

ブリーダー → ペットオークション → ペットショップ → 消費者

つまりブリーダーと消費者のあいだにオークションとペットショップをはさんでいるわけだが、その2つのそれぞれで売れ残りが出てしまうシステムになっている。




オークションで売れ残った犬猫はどうなるの?


オークションで売れ残った犬猫はブリーダーに戻されると思いきや、必ずしもそうではないらしい。

というのは、オークションでは何百匹もの犬猫が同じ場所に集められるので伝染病にかかるリスクが高まるので、返品されるのを嫌がるブリーダーもいるからだ。

では売れ残った犬猫はどうなるのか?

実験動物用として売られたり、野良と偽って保健所に連れて行かれたり、「引き取り屋」の手に渡ったりするのだ。




引き取り屋


2013年に施行された改正動物愛護法により、保健所はペット業者からの犬猫の引き取りを拒否できるようなった。

しかし、ペット業者にとっては痛くも痒くもなかった。処分方法がひとつ減ったに過ぎないからだ。

保健所のかわりとして、売れ残ったり繁殖能力の衰えた犬猫を有料で引き取る「引き取り屋」が急増した。

引き取り屋の儲けは、

「ペット業者から受け取った金額 - 飼育費」

になるので、いかに安く犬猫を飼育できるかにかかってくる。だから犬猫たちが劣悪な環境に置かれたり遺棄されたりするのも自明の理なのだ。

改正動物愛護法成立の翌年の2014年には、佐賀や栃木などで犬の死体が大量に発見される事件が次々と起こった。宇都宮の河川敷に約80匹の死体を捨てたとして、「引き取り屋」が逮捕されている。

販売せず引き取るだけならば、動物取扱業の登録が不要なので、行政の監視や指導をたやすく回避できてしまう現実がある。




パピーミル(子犬工場)


ブリーダーの中には、営利目的で犬猫を劣悪な環境で大量繁殖させる悪質な業者がいて、パピーミルと呼ばれている。

パピーミルは、生き物をモノ扱いする。母体はただの生産設備なので壊れようが知ったことではなく、酷使しまくって、一匹でも多く子を産ませるのが最優先なのだ。産後間もない母犬を休ませず、むりやり交配させるという非道っぷり。

当然飼育費用も切り詰める。最小限の餌、狭いゲージ、不衛生。

そんな環境で産まれた子犬は、障害や遺伝的疾患を抱えているものも少なくないという。

また「犬種標準」といって、「この種類の犬はこういう姿形をしているべきである」という基準があり、その基準を満たすために、産まれて間もないトイプードルの尻尾を切り落としたりしているというのだ。

子犬たちは産まれてすぐ母犬から引き離され、ダンボール箱につめられて、オークション会場やペットショップに送り込まれる。この流通過程で、毎年2万匹以上の犬猫が命を落としているという。




結論

ペットショップで犬猫を買ってはいけない。もう買っちゃったなら、最後まで責任を持って飼おう。


スポンサードリンク


スポンサードリンク