481449
ぼりぼりぼりぼり・・・

うひょー!!! めっちゃとれたー!!!

でも、なんなんだろう、この罪悪感・・・



やあ、おいらですぞ。

頭がびっしりかさぶだだらけのおいらですぞ。夏冬関係なくかさぶたいっぱいのおいらですぞ。

なぜかさぶただらけなのかというと、頭皮の湿疹がかゆくて、掻きむしるからなんですな。で、頭皮の傷から血やら膿やらが出て、それが固まってかさぶたになる、と。

かさぶたができちゃうと、気になってついつい剥がしたくなっちゃうのが人情というもの。んで、ひとつ剥がしたらまたひとつ、ととまらなくなっちゃうよな。

んで、剥がしたかさぶたを一箇所にあつめて「これだけ取れたぜ!」って妙な達成感が生まれる。んで、またかさぶたになったら剥がして、以下無限ループ・・・。

だめなのはわかっちゃいるけど、繰り返しちゃう。やめられないとまらない。

どうしたらこの癖が直せるか、おいらなりに考えてみたぜ。

スポンサードリンク

病院(皮膚科)に行って頭皮湿疹を治療する

これが一番確実ですわな。でも通う時間が取れなかったり、めんどうだったりするよな。うん、おいらのことなんですけどね。



ドラッグストアでかゆみ止めやローションを買う

病院に行く暇がなければ、ドラッグストアでかゆみ止めの塗り薬やローションとかを買うって手もある。ただ、市販薬は、病院や薬局でもらう薬より効き目が弱いので、それでも治らなければやはり病院へ、ということになる。





シャンプーとシャンプーのやり方を変えて、頭皮湿疹を予防する

普段使っているシャンプーに刺激成分(シリコン、◯◯硫酸、エタノール、人工香料など)が含まれていないかチェックし、含まれているならば、無添加とか低刺激で弱酸性のものに切り替えてみよう。スカルプケアって書いてあるやつなんか良さそうだぜ。

あとシャンプーのやり方も見直そう。ごしごし洗いすぎると頭皮に傷ができるかもだぜ。まずお湯だけで洗って頭皮の脂を落とし、シャンプーを手でしっかり泡立ててから頭皮に乗せて、爪を立てずに指の腹でやさしくもみ洗おう。これだけでも汚れは十分落とせるぜ。

あと頭はドライヤーを使って乾かそう。自然乾燥はだめですぞ。ぬれたままだと菌が増えるからの。






頭皮湿疹の原因となる生活習慣を改善する

生活習慣が頭皮湿疹の原因になってる場合がある。具体的には脂っこいものの食べすぎ、暴飲暴食、糖質やカフェインのとりすぎ、睡眠不足、過度のストレスなど。改善できるなら改善したほうがよろし。



掻きむしらずかゆみをとる方法もある

テレビで紹介されてたやり方なんだが、手の指の腹をかゆいところに押し付けて、円を描くように動かしてみよう。軽いかゆみだとこれでなんとかなるぜ。

あと、タオルで巻いた氷とか保冷剤とかで冷やすのも有効だぜ。




頭皮のかさぶたから注意をそらす

べつに痒くなくても暇つぶしでかさぶたをはがしちゃうことあるよな。かさぶたに触りたくなったら、ほかのことをして注意をそらそう。YouTubeを観てもいいし、ウォーキングをしてもいいし、だれかに電話をしてみてもいい。とにかくかさぶたのことを忘れられるくらい長時間没頭できることをやるといいぜ。



ぎゅっとこぶしを握って我慢する

こぶしをぎゅっと握っている間は指が使えないから、かさぶたを剥がそうにも剥がせない。さらに手のひらに爪を立てるとことで自分を戒めるのも良いかもしれない。

かさぶたに触りたくなったら、ぎゅっ。触りたくなったら、ぎゅっ。って続けて習慣化するのだ。習慣化することで、かさぶた剥がしの衝動を「ぎゅっ」に置き換えることができるやもしれん。



禿げて後悔している未来の自分を想像してみる

頭皮のかさぶたをはがしまくってると、もしかしたら禿げるかもしれん。頭皮にいいわけないものな。だから、はがしたくなったときは、禿げて後悔している未来の自分を想像してみよう。頭にやろうとしている手がピタッととまるはずですぜ。



誰かに両腕を縛ってもらう

ぼっちにはむつかしいがの。ハハッ!



まとめ

・病院に行くのがベスト。それがめんどうなら市販薬を試そう
・刺激の少ないシャンプーをしっかり泡立てて、優しく頭皮を洗おう
・暴飲暴食をやめ、ストレスを減らし、しっかり寝よう
・かゆみが我慢できないなら、指の腹を押し当てて動かすか、氷で冷やそう
・かさぶたを剥がしたくなったら、別のことに没頭して忘れてしまおう
・かさぶたに触りたくなったら、ぎゅっとこぶしを握ってみよう
・禿げて後悔している未来の自分を想像してみよう
・誰かに頼んで両腕を縛ってもらおう




追記:ひょっとしたら「皮膚むしり症」かも

かさぶたはがすのやめらんないのは、「皮膚むしり症」っつー精神障害(強迫性障害)らしい。ニキビをつぶすのをやめらんないのも同じ。

病気だから、おとなしく皮膚科で治療して、心療内科に通うのもひとつの手かもしれん。


以上

関連記事
シャンプーの新常識!「毎日髪を洗わない」のススメ【ハゲ予防】


スポンサードリンク


スポンサードリンク